島村楽器 プレ葉ウォーク浜北店 シマブロ

島村楽器 プレ葉ウォーク浜北店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

録れコン2018 スタート!録音作品募集中!

f:id:shimamura-music:20171110115639j:plain
録音された楽曲を通じて、全国の音楽ユーザー、パーソナルクリエイターが自作曲のクオリティを競い合う、国内最大級の録音作品コンテスト「録れコン」が今年もスタートしました!

録れコン2018 例えばこんな方大歓迎!

  • 「オリジナル曲をはじめてギターでつくってみたから、聴いてもらいたい!」
    • 弾き語り作品の応募も大歓迎です!
  • 「バンドの楽曲を音源にしたい!録音にチャレンジして、プロの意見を聞いてみたい!」
    • バンドの作品ももちろんOKです!
  • 「渾身のギターインスト作品を創れたので評価をしてもらいたい!」
    • プロミュージシャンからアドバイスをいただけるチャンスです!ぜひご応募ください!

アナタの渾身の作品をプロミュージシャンが聴いて、プロの視点からアドバイスをもらえるチャンスです。
楽曲のジャンルも問いません!みなさんのご参加お待ちしております!

参加特典

参加者全員にプロによるアドバイスコメントが贈られます
※アドバイスコメントは、メール、もしくは店舗でのご返却となります(返却は5月以降となります)

受賞特典

各賞受賞者は、島村楽器全店でBGMとして作品をご紹介致します。
また、最終選考にノミネートされた作品はHP上でご紹介致します

グランプリ特典

総合グランプリ受賞者には、レコーディングスタジオでプロエンジニアと一緒に受賞作品のリプロダクション(ミックス・録音)が受けられます

昨年のリプロダクションの様子はデジランドでレポートしています。
info.shimamura.co.jp

特別特典!あなたの楽曲が主要音楽配信サイトで配信されます!

f:id:shimamura-music:20171110120415p:plain

TuneCore JAPAN 楽曲配信クーポンプレゼント!
詳しくは楽曲配信クーポンプレゼントについてをご覧ください!
www.shimamura.co.jp

応募について

応募締切 2018年3月4日(日)
結果発表 2018年4月28日(土) 全国の島村楽器各店・ホームページにて公開します

詳細は録れコン2018公式サイトにて公開中!

過去のグランプリ受賞作品やリプロダクションレポートなど、録れコンについてさらに詳しく知りたい方は、録れコン2018公式サイトをご覧ください。
www.shimamura.co.jp

お問い合わせ

皆様多数のご応募お待ちしております。

店舗 プレ葉ウォーク浜北店
電話番号 053-584-2610
担当 小池(こいけ)

【オーダーベース納品レポート】第四弾!Freedom CGR Dulake編【ベースの日】

島村楽器プレ葉ウォーク浜北店ベース担当白井です!
本日はベーシストにスポットがあたるベースの日です‼
ということで、本日は先日納品いたしましたFreedomのベース納品レポートをお届けいたします‼

※ベースの日とは…2014年より日本記念日協会によって登録された記念日。ベースの日である11月11日にはベーシストにスポットを当てた様々なイベントが行われております‼

フリーダムカスタムギターリサーチ(Freedom Custom Guitar Research)

f:id:shima_c_hamakita:20170607184634j:plain
1998年設立の「フリーダムカスタムギターリサーチ(Freedom CGR:以下、Freedom)」。
国内最高峰のギター・ベースを製作。東京都内という、楽器には過酷な環境下であえて製作を行い長年使っていける楽器を作り上げています。
一切の妥協がなく、マニアックかつ考え抜かれた構造がプロ・アマ問わず高く評価されています。

オーダーまでの経緯

今回オーダーいただいた、松浦様は前回のM様のオーダーレポート時に用意したRhinoを弾いてFreedomに惚れ込み、オーダーとなりました。
松浦様はレフティという事で、楽器を選ぶという事自体が困難だったため、思い切って一生物のオーダーを行いました。

オーダーから約5ヶ月の製作期間

オーダーでは、まずオーダーシートに要望を記入してメーカーに希望を伝えます。
Freedomでは木材は角材で保管されており、オーダーが入り次第全てのスペックを加味したうえで、熟練の職人が木材の選定を行います。

f:id:shima_c_hamakita:20170607211203j:plain
※全て重量を測定し、どのモデルに使用するか選定します。

Freedomでは木工加工のほぼ全てを職人による手作業で行っております。(2017/11/11現在)
今後は職人が行わなくてよい作業は機械化し、他の作業に力を入れることが出来るように変更していくそうです。

塗装

木工作業を終えたら塗装に移っていきます。
Freedomでの魅力と言えばやはり多彩なカラーではないでしょうか。
カラーは大まかなイメージに分けられており、そこからさらに細分化されます。
今回オーダーいただいたベースのカラーは【MapleTop】というカテゴリーの【アジサイ】というカラー。

f:id:shima_c_hamakita:20171107204934j:plain
トップコート吹きたて、未乾燥・未研磨の状態です。

ちなみに...全てのカラー共通ですが、木目によってサンバースト幅や濃淡を変えているそうです。
全ての木目が共通ではないので塗装担当が一番カッコいいと思うベストな塗装をしているとのこと。

Freedomの塗装へのこだわりはカラーだけでなく、非常に細かなところにまで気を配り作業しています。
ネジ穴一本にまで気を配り、なるべく木材自体が露出していないよう配慮されています。

SETUP


f:id:shima_c_hamakita:20170608192652j:plain



木工・塗装を終えたら組込・セットアップに入ります。
組込のナット製作ではダイレクトに音に関わってくるので、非常に重要な作業になります。
コンマ数ミリの作業となります。
このナットの作業精度によって音の表情が変わってきます。
Freedomの組込担当はギター用34本 ベース用22本を使い分けているとの事です。
f:id:shima_c_hamakita:20171110171013j:plain
f:id:shima_c_hamakita:20171110171020j:plain

細かい所にまで手をかけた極上の一本が遂に浜北店へとやってきます!!

ついに納品!!

f:id:shima_c_hamakita:20171110171303j:plain

浜北店に到着しました。
早速お客様へご連絡。
ちなみに、届くまでの間は月に一回ペースでメーカーに連絡。
現在の状態と納期について連絡をしております。

遂に開封のとき…

f:id:shima_c_hamakita:20171110171348j:plain
f:id:shima_c_hamakita:20171110171325j:plain
f:id:shima_c_hamakita:20171110171500j:plain
うっわぁ…めちゃくちゃ美しい……
前回オーダーレポートしたRhinoとは別の美しさ・カッコよさがあります!!
f:id:shima_c_hamakita:20171110171536j:plain
f:id:shima_c_hamakita:20171110171552j:plain
f:id:shima_c_hamakita:20171110171608j:plain

細かいところまで美しく仕上げられています。

今回オーダーいただいたベースの名前はDulake。
そのデザインは架空の恐竜を彷彿とさせる、F.C.G.R.初のオリジナルベース。タイトで粒立ちの良いサウンドを基調に、正確な音程感で地を這う重低音を奏でる、まさにエレキベースのモンスターです。個々のプレイヤーが求めるサウンドに幅広く対応できるよう、構造の違う3種類のモデルをラインナップしています。ヘッドとボディは機能性とサウンドにも配慮しながらデザイニングされ、土台となるサウンドはパッシヴにて開発後、アクティヴ回路を搭載しました。新感覚のサウンドコントロールシステムは、ライブやレコーディングなどあらゆる場面でその真価を発揮します。ローBの発音の良さに優れた、抜群のテンションバランスを誇る5モデルもラインナップ。重低音の密林から、リスナーをノックアウトするモンスターが今動き出します。

ブランド 型名 販売価格(税込)
FreedomCGR Dulake 5st/LH ¥728,074

※参考価格となります。オーダー内容によって金額の変動がございますのでご了承ください。

今回オーダーいただいたベースは間違いなく一生モノのベースです。
是非長く弾いていただき、ベースを育てていただけたらと思います。
f:id:shima_c_hamakita:20171110180333j:plain

これまでのオーダーレポートはコチラ!!

お問い合わせ先

この記事についてのお問い合わせは、島村楽器プレ葉ウォーク浜北店白井まで、お気軽にお申し付けください。

店舗名 島村楽器プレ葉ウォーク浜北店
電話番号 053-584-2610
担当 白井

ロックシンガーソングライターSHOTAさんによる生アコ・エレアコ弾き比べ!!

皆さんこんにちは、島村楽器 浜北店 白井です。
先日はHOTLINE2017、中部ファイナルが開催され、大変盛り上がりました!
hamakita.shimablo.com

今回、HOTLINE2017浜北店予選にご参加をいただいたSHOTAさんに多数のメーカーを弾き比べて頂きました!!
ヘッドホン推奨となります。生アコ・エレアコ共に弾いていただいておりますが、全て生音での撮影となっております。
是非ヘッドホンで音色の違いをお楽しみください!!

SHOTA

f:id:shima_c_hamakita:20171026191719j:plain

浜松出身のロックシンガーソングライター。
浜松市を中心に、掛川・磐田・静岡等で精力的に活動。
島村楽器主催であるライブイベントのアコパラHOTLINE・LIVEBOXにも数多くご出演戴いております。
今回は、SHOTAさんの弾いた感想、弾いてみた動画を一緒にご紹介しますので、是非、ギター選びのご参考下さい!
また、SHOTAさんご自身でお使いのYAMAHA AC6Rとも弾き比べてみました。そちらとの違いもご参考下さい。

f:id:shima_c_hamakita:20171029201142j:plain

YAMAHA THE FG

メーカー 型名 カラー price(税込)
YAMAHA THE FG NA ¥216,000

すばやいレスポンス、クリアでパワフル、幅広いダイナミックレンジ。最新の加工技術と塗装技術により、板厚・塗装ともに極薄の仕上がりで、驚くほど軽量。FGシリーズの集大成モデルです。

ボディトップ:スプルース
ボディバック:マホガニー
ボディサイド:マホガニー
指板:インドローズウッド
ネック:マホガニー
スケール:634㎜

SHOTAさん一言コメント

ミッド音が豊かで、ボディ全体で鳴っている。
音量が大きく弾語リストに向いている楽器ですね。

Martin D-28

メーカー 型名 カラー price(税込) 店頭特別価格
Martin D-28 NA ¥332,100 ¥287,820

米国アコースティックギターを代表するブランド、Martin(マーティン)のなかでも、最も有名なドレッドノート・シェイプのアコースティックギター『D-28』。これまで数え切れないほどのアーティストを魅了してきた世界的定番のモデルです。スプルース材トップとローズウッド材バックを組み合わせたボディはマーティンギターの代名詞ともいえるクリアなサウンドを発揮し、ストロークでもフィンガーピッキングでも絶品のマーティンサウンドを奏でます。

ボディトップ:スプルース
ボディバック:ローズウッド
ボディサイド:ローズウッド
指板:エボニー
ネック:セレクトハードウッド
スケール:645.2㎜

SHOTAさん一言コメント

ストロークアルペジオで音量の差が少なく倍音が豊か。
さすがマーチンという感じです。

K.YAIRI CSE-L90

メーカー 型名 カラー price(税込)
K.YAIRI CSE-L90 NA ¥256,500

岐阜県可児市にて製作されるヤイリギター。少数精鋭で国産のクオリティーと技術にこだわり、一日に約30本前後を製作と小ロットながら一本一本に真心を込め、常に良質なアコースティックギターを創作し続ける伝統的なブランドです。
こちらの「CSE-L90」はサウンドメッセ2015出展の限定商品!マスタークラフトマンである“丹羽 雪男”氏が材料の選定からデザイン、設計に至るまで製作監修を行なったカスタムギターです。
各モデル3本、計12本限定という超貴重モデルとなります。
ボディー本体はLOシリーズを基本としていますので 抱えやすく尚且つ豊かな鳴りが特徴。
女性のお客様にもお薦めでオールラウンドで使用出来る1本です。

ボディトップ:スプルース
ボディバック:マホガニー
ボディサイド:マホガニー
指板:エボニー
ネック:マホガニー
スケール:645㎜

SHOTAさん一言コメント

小柄で抱えやすく女性にもおススメ。
小さいながらも音量があり、弾語りにも使えるギターですね。
クセがなく扱いやすいと思います。

Gibson J-45 STD

メーカー 型名 カラー price(税込)
Gibson J-45 STD VS ¥237,600

ギブソンの大定番J-45スタンダードの2017年モデル。木材、ブレーシング等の基本は伝統的仕様のままに、指板エッジを丸め込みグリップ感を向上させ、ピックガードもエッジを丁寧に丸めた高級感ある仕様に変更。ピックアップシステムに「L.R.Baggs Element VTC」を搭載し従来よりもアップグレードされた1本。2016年モデルと比べ、トラスロッドカバーやネック裏の刻印が変わっています。

ボディトップ:スプルース
ボディバック:マホガニー
ボディサイド:マホガニー
指板:ローズウッド
ネック:マホガニー
スケール:約628㎜

SHOTAさん一言コメント

ネックが細めで弾きやすく、ギブソンらしい太くカラッとした音色ですね。
アルペジオで弾いた時に、思っていたよりも繊細な音がしました。

Taylor 214ce-QM DLX Special

メーカー 型名 カラー price(税込) 店頭特別価格
Taylor 214ce-QM DLX Special NA ¥211,680 ¥185,220

Taylor、2016年のスペシャルエディションが期間限定で登場! サイド&バックはキルトメイプル合板を使用し、豪華なルックスながら、ハイコストパフォーマンスを実現。トップはシトカスプルース単板を採用し、生鳴りも申し分ありません。

ボディトップ:スプルース
ボディバック:キルトメイプル合板
ボディサイド:キルトメイプル合板
指板:エボニー
ネック:メイプル
スケール:約647㎜

SHOTAさん一言コメント

音は硬めですが、各の音の粒が揃っている。
ストロークメインの人向けです。

History NT-C3

メーカー 型名 カラー price(税込)
History NT-C3 BS ¥213,840

オリジナル設計のカッタウェイボディを持つNT-C3は、ハイポジションまでアグレッシブに使うプレイスタイルにも最適。
低域から高域までバランスに優れた豊かな響きは、あらゆるジャンルに対応。
早いパッセージや複雑なボイシングをも容易にする、プレイアビリティの高さが魅力です。
今回弾いていただいたものは生産本数限定3本のみのカラーとなります。

ボディトップ:シトカスプルース
ボディバック:ローズウッド
ボディサイド:ローズウッド
指板:ローズウッド
ネック:マホガニー
スケール:645㎜

SHOTAさん一言コメント

第一印象はヤマハっぽいサウンド。
ストロークでもアルペジオでも粒が揃っており、非常にクリアなサウンドです。

おまけ YAMAHA:AC6R  Taylor:416ce Rosewood

せっかくなのでSHOTAさんが普段愛用しているYAMAHA AC6Rとスタッフ白井の私物であるTaylor 416ce Rosewoodも弾いていただきました!!

YAMAHA AC6R

メーカー 型名 カラー
YAMAHA AC6R NA

YAMAHAが2014年に25本限定生産にて販売したモデルです。
生音でも、モニターからラインアウトする時でも、あらゆるギターパフォーマンスに対応出来るエレクトリック・アコースティックギター「A6シリーズ」は、高や間隔、ネックの断面形状やエッジ部の面取り等、細部に亘り丹念に見直すことによりエレキギターから持ち替えても、違和感の無い自然な演奏性を実現しています。繊細で豊かなサウンドを聴かせたいギタリストの要望に応える逸品です。

ボディトップ:シトカスプルース
ボディバック:ローズウッド
ボディサイド:ローズウッド
指板:エボニー
ネック:マホガニー
スケール:650㎜

SHOTAさん一言コメント

エレアコとしてはかなり生音に近いです。
ストロークアルペジオともにきらびやかな音がします。

Taylor 416ce Rosewood

メーカー 型名 カラー
Taylor 416ce Rosewood NA

アコースティックギターにおいてポピュラーでトラディショナルなトーン・ウッド/ローズウッドは、クリアーでバランスが良く、サスティンにも優れているのが特徴です。2016年夏より、モダンな”オヴァンコール/400シリーズ”と共に新たなもう1つの400シリーズとしてラインナップされました。
現在はワシントン条約の関係により生産完了品となっております。

ボディトップ:シトカスプルース
ボディバック:ローズウッド
ボディサイド:ローズウッド
指板:エボニー
ネック:マホガニー
スケール:約647㎜

SHOTAさん一言コメント

音質が均一で、アルペジオできらびやかなサウンド。
サスティーンも綺麗な減衰です。



いかがでしたか?
今回様々なギターを弾いていただきましたが、世の中にはもっと沢山のメーカー・ギターがあります。
少しでもご参考になればと思います。
また、これからのSHOTAさんの活動を是非チェックしてみてください!!

お問い合わせ

そのほか気になることなど御座いましたら、
どうぞお気軽にお声がけ下さいませ。

店舗名 TEL 担当 営業時間
プレ葉ウォーク浜北店 053-584-2610 白井 10:00~21:30

HOTLINE2017中部エリアファイナル結果発表!!!

今年も盛り上りました中部ファイナル!


10月8日(日)名古屋Club QUATTROにて開催されました今年の中部エリアファイナル!
中部エリアのたくさんのご参加いただいた中で厳正なる審査会で選ばれた11組が
魂を込めて演奏を繰り広げたガチンコのライブバトルは、
たくさんのご来場いただいた観客の皆さんを巻き込んで、大変盛り上がりました。
ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございます。

まずはHOTLINE2017中部エリアの頂点に輝いたのは・・・・・・
     ・
     ・
     ・

グランプリ Beard Brown

おめでとうございます!授賞式の時の感極まったメンバーの皆さんの表情は、
このバンドに打ち込み、努力し続けてこられたからこその涙だったと思います。
私たちも思わずもらい泣きしてしまいました。
参加した全てのバンドの想いを背負って『Beard Brown(ビアードブラウン)』
のみなさんは、ジャパンファイナルでもグランプリを持ち帰ってきてください!
期待してます!
f:id:shima_c_hamakita:20171009191432j:plain
f:id:shima_c_hamakita:20171009191557j:plain
そして続く"優秀賞"は
     ・
     ・
     ・

優秀賞  Agorophius

「2次元」「オタク」をテーマに振りも交えながら音楽の楽しさを体現してくれた
『Agorophius(アゴロフィウス)』。楽しいパフォーマンスも安定した演奏力があるからこそ
優秀賞にふさわしい演奏でした。
f:id:shima_c_hamakita:20171009191453j:plain
f:id:shima_c_hamakita:20171009191708j:plain
続いて"オーディエンス賞"は
     ・
     ・

オーディエンス賞 Beard Brown

グランプリに輝いた『Beard Brown』が獲得!
大トリの重圧を見事にはねのけ圧倒的なパフォーマンスで会場を魅了し
多くのファンのみなさんも駆けつけて、盛り上げてくれました!
f:id:shima_c_hamakita:20171009191846j:plain

部門賞

そして個人に送られる"部門賞"は
楽曲賞:「ライオン」 虎TRIBE-トラトライブ-
f:id:shima_c_hamakita:20171009192005j:plain
ベストボーカリスト賞:マツモトコウジ
f:id:shima_c_hamakita:20171009192107j:plain
ベストギタリスト賞:向井洋平(Agorophius)
f:id:shima_c_hamakita:20171009192205j:plain
ベストベーシスト賞:城 詩織 (居眠りアリス)
f:id:shima_c_hamakita:20171009192309j:plain
ベストドラマー賞:塩澤 陸 (Beard Brown)
f:id:shima_c_hamakita:20171009192359j:plain
各賞を受賞された皆さん、おめでとうございます!
今回賞を逃したアーティストのみなさんもそれぞれの個性を遺憾なく発揮し
来場いただいた多くのみなさんの心に届いたはずです。
素晴らしい演奏でした。

11組の選ばれしアーティストのみなさんが、それぞれの世界を表現され、
ライブで体験できるのはHOTLINEならではの魅力ですよね!

惜しくも見逃された皆さんは、HOTLINE2017中部ファイナルレポートで
映像も含めてまた公開されますのでそちらでチェックいただければ幸いです。

楽器が弾きたくてうずうずされてる方は、ぜひ当店までお越しください。

専門のスタッフが、お客様に合った楽器選びをサポートさせていただきます!

さぁー次はJAPANファイナルです!中部エリア代表となった『Beard Brown』
みんなで応援していきましょう!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.